FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北インドへ

インド北部 ヒマチャ-ッル・ブラデシュ州 マナリ- オ-ルドヴィレッジ
デリ-から空路で1時間、そこからバスで2時間程クル渓谷を上がる
標高2050m(富士山5合目程)とあって澄んだ空気の空が美しい。

s-R0026313_20110904172904.jpg
s-R0026345.jpg
壁は石を木材を交互に組積した構造
屋根型は入母屋が多く、屋根材はスレ-ト
バルコニ-をはね出し、大きく掛けた屋根が特長。
s-R0026328_20110904172914.jpg
木材と石材とのコントラストがとてもきれいだ。

s-木、石組
~「インドの木造建築」神谷武夫 HPより抜粋~

2重に井桁に組んだ木材の間に石を積んだ構造
地震の少なくないヒマヤラ地方の麓
耐震性を持たせた組積造建築










Trackback

Trackback URL
http://junichikubo.blog43.fc2.com/tb.php/426-a81dea23

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

久保潤一

Author:久保潤一

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。