スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

救命

朝の通勤途中での事(9/8日)
男性が交差点で倒れていた。周囲には女性が数人。
事情を聞くと自転車に乗ったまま突然倒れたとの事。
119番通報して救急隊を待つ。

男性の様子が、急変していく。
瞳孔は開いたまま動かず、顔色は青ざめていく。
脈、心音が確認できない。心肺停止状態
心臓マッサ-ジを始める。どのくらいの時間が経ったのだろうか
遠くからサイレンの音が聞こえてきた。救急隊の到着。
心臓マッサ-ジをつづけて下さいと救急隊員の指示。

その後、搬送先の病院で心肺とも回復したと救急隊からの連絡を受ける
「よかった、ほんとうによかった」
消防署での「救急救命講習受講が役立った」

夕刻、消防署から連絡。「消防署長から感謝状を送りたい」と

s-RIMG4763.jpg


PS
自転車通勤、短パン(レ-サ-パンツ)で生膝丸出し
アスファルトに膝立ち姿勢で心肺蘇生。
両膝は青あざ+出血 いた~いです。










Trackback

Trackback URL
http://junichikubo.blog43.fc2.com/tb.php/390-88c52e57

Comment

白あずき | URL | 2010.10.18 02:01 | Edit
すごいです!
kuboさん、「命」を救ったんですね!!
消防での講習って、いつ受けたんですか?
私は人工呼吸だけだけど、ずーっと前に教わったので、
今そういう事態に面しても、出来る自信がありません。
自分が倒れた時、kuboさんみたいな人が、偶然通りかかってくれるといいですけどね~。

膝の青あざ、もう治りましたか?
名誉の負傷ですね。
kubo | URL | 2010.10.18 22:30 | Edit
白あずきさん こんにちは

消防署での最後の講習は3年程前でした。
それまでは1度/2年、受講しおりました。
※義務では有りませんでしたが、夏のフジヤマ登山のガイドを時々していたので

いざって言う時に適切な行動出きるかはかなり疑問でしたが、焦る事無く対応出来たのは自分でもびっくりしております。

青あざは完治しまた!

現場でとても嬉しかった出来事がありました。
おそらく現場の光景をずっと見ていたんだと思いますが、
一人の女性が「お疲れさまでした」と缶コ-ヒ-を差し出してくれた事。
ほっと出来た瞬間。私自身も救われました。
Comment Form
公開設定

プロフィール

久保潤一

Author:久保潤一

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。